腕に黒丸

昨日、病院へ行ってきました。

一ヶ月くらい前に、肘の下の辺りに、黒っぽくなっているしこりを見つけ
まして、痛くも痒くもないのですっかり忘れていたのですが、先週、ふと
見ると、そのしこりの周りが、虫に刺された時の様に赤く腫れており、
滅多な事で病院へは行かない私ですが、意を決して行って参りました。
土曜日の病院は混んでいました。

九時開院となっていたので、九時に行ったら、さすがに慣れた方々は、
既に受付を済ませ後で、院内の椅子はほぼ埋め尽くされていました。

私は初診だったので、まず、症状やら何やらを書く紙を渡されました。
住所、氏名、年令、発症の時期やら症状等は云うに及ばず、人体が
模られた図に、気になっている自身のしこりの位置を記す箇所もあり、
阿呆な私は、何度も自身のしこりの位置を確認し、間違わぬ様慎重に
黒丸で示したものの、まるで、偶々鉛筆が擦れた跡の様になって
しまったので、実際の大きさとは比ではない程の黒丸をつけてやり
まして、それを受付嬢に渡しました。

残り僅かな椅子に座り、暫くして、隣りにお爺さんが座りました。

時に、ご老人は、どうして何も食べていないのに、口をパクパクして
いるのですか?
私の隣りに座ったそのお爺さんも、案の定、口をパクパクさせており、
その度に、ペチャ、ペチャ、と湿った音を奏でておりました。
入れ歯による諸症状かと思われるのですが、如何せん私は、まだ入れ歯
経験が無く、どうしてそう為らざるを得ないのか理解できないので、若干
苛々してしまいました。

苛々すること約一時間弱。ストレスもかなり溜まってきた頃、私の名が
呼ばれました。これでお爺から開放されます。

まずは親切な看護師さんによる問診をし、その約10秒後、医師のいる
診察室へ通されました。
先程の問診必要?と思いながら、挨拶をして医師の前に座り、指示通りに
患部を差し出すと、医師は頭に備え付けた器具の穴の開いた部分から、
私のそのしこりをまじまじと診ました。
そして、5秒もしないうちに、
「ウンリュウじゃないかな。ウンリュウだと思うんだよね。」

ウンリュウ?フンリュウ?何ですかそれ?どういう字?
私の頭に即浮かんだ文字は、「雲龍」という実に広大なイメージでした。

医師の簡単な説明によると、皮膚の下に袋状の老廃物などが溜まって
できる良性の腫瘍で、放っておけば小さくなっていくらしいが、一ヶ月
経っても大きさが変わらなかったり、大きくなったり、痛みを感じたり
した場合はまた来てくださいとの事でした。

看護師さんの問診が功を奏したのか、診察は一分で終わりました。
待つこと小一時間。若干の蟠りを残しつつも、悪いものではないという
安心感を頂いたので、±0ということで、一件落着。

因みに、帰宅後早速ネットで調べたところ、正しい名称は「雲龍」なんて格好の好いものではなく、「粉瘤(フンリュウ)」でした。
 
 粉瘤(ふんりゅう)についての詳しい情報はこちらです。

 ⇒ 粉瘤治療事典

Comment

こてつ  

よかったですね!

悪いものでなくて、一安心でしたね。
早くなくなってくれるといいですね。

やる気マンマンの医者も嫌ですが、
あまりに簡単すぎる医者もどうかと思う。
人間とはやっかいないきものですね。

2011/07/10 (Sun) 22:27 | EDIT | REPLY |   

イナゾフ  

Re: よかったですね!

コメントありがとうございます!

悪性新生物ではなくて、とりあえずホッとしました。
あとは静かに無くなってくれる事を祈るばかりです。

あっという間の診察。
お医者さんにとっては、見慣れたものなのでしょうね。

2011/07/11 (Mon) 18:50 | REPLY |   

ミス・デイジー  

お久しぶりです^^

先日私も歯茎にしこりがあって医者にかかりました。
幸いこちらも陽性でした。
普段医者にかからないからこそ、ここぞというときドキドキしますよね。

お互い何もなくて良かった良かった^^

2011/07/11 (Mon) 20:48 | REPLY |   

イナゾフ  

Re: お久しぶりです^^

コメントありがとうございます。

歯茎にしこり、、、なんて、何か怖いですね。
でも何でもなくて良かったです。

2011/07/13 (Wed) 00:42 | REPLY |   

Leave A Comment