耐寒







    咲け
     
        花

DSC_0602_ph.jpg

山茶花の花が咲きました。(昨日の朝)

一ヶ月程前から蕾が膨らみ始め、それから暫くの沈黙。
なかなか顔を出してくれませんでした。

その前日の晩は風が強く、倒される危険を察知したので、
家の中に入れたら早速こうです。
冬の札幌のベランダ(五階)は流石に寒かったやうです。

しかし、その寒さに暫くの間耐えていた。
山茶花って、寒さに強いんですね。

そういえば、こんな歌がありましたね。



この歌詞にもありました。

「二人咲いても冬の花 春はいつくるさざんかの宿」

この歌が流行っていた時は、全く意味が分からずに聴いていたのですが、
結構な歌詞ですね。
他人妻を愛してしまった、、、んですか?

さざんかの宿 < 大川栄策 < 箪笥担ぎ

子供脳には理解できなかったです。

Comment

Leave A Comment